アコムを解約する意味はあるのか?

MENU

アコムを解約する意味はあるのか?

アコムを解約する意味はあるのか?

今までピンチな時にはとても役に立ってきたアコム。しかし、経済的に余裕が出てきて、もうアコムのお世話になることは無いと感じている場合、アコムを解約したほうが良いのでしょうか?それともそのままにしておいたほうが良いのでしょうか?メリットとデメリットを考えて行きましょう。まず解約をするメリットを見てみましょう。アコムと契約をすると個人信用情報機関に与信ありと記載されてしまいます。そしてその記録は5年間ほど保管されてしまうので、例えばこの期間に家のローンを組むことができなくなる可能性が高いです。これは例え借金を完済していたとしても、消費者金融を利用したという事実が信用情報に残っていると家のローンの審査の時にはマイナスになるので、アコムが本当に必要なくなったのであれば、

アコムを解約する意味はあるのか?

早めに解約をした方が良いでしょう。消費者金融を利用していたという情報は各種ローンを組むときにマイナスになることがある事を覚えておきましょう。次に解約をするとデメリットになる場合を見てみましょう。それは解約をしたのにしばらくたって再びアコムを利用したくなったという場合です。なぜデメリットになるのでしょうか?それは今まで利用してきた実績がなくなってしまうからです。再び新規申し込みという形になるため、限度額や金利などがまた好条件ではなくなってしまいます。また、再度申し込む時に収入面で以前よりマイナスになっている場合、審査を通過できるかどうかという心配もあるかもしれません。アコムからの借り入れで時々クレジットカードや携帯電話の料金の支払いをして難を逃れてきたという方がアコムを解約してしまい、再び支払いのピンチが来た時に再度新規契約するも希望額が借り入れられず、結局クレジットカードや携帯電話の料金の支払いに支障が生じ、結果として自分の信用情報に傷がついてしまうなら、これは元も子もない状態と言えるでしょう。ですから解約をするかどうかはよく検討して行う必要があります。

アコムの解約の仕方

様々な事柄を検討した結果やはり解約するとなった場合、解約はどのように行えばよいのでしょうか?この場合はアコム総合カードローンデスクへ電話(0120-629-215)をするか、店頭窓口にアコムカードを持参して解約したい旨を伝えます。しかし、その際全額返済されていないと解約することができません。アコムなどの消費者金融の場合、1000円未満の端数には利息が発生しないため、返済の必要が無いのですが、解約するとなるとそれらの額まで完済しなければなりません。そのため端数が残っているのに電話で解約しようとすると端数の支払いのために結局窓口へ行くという二度手間がかかる場合があります。それで最初から店頭窓口を利用することをオススメします。

 

 

【↓↓アコムの公式サイト↓↓】

 

アコムの公式ページはコチラ

 

 

【↓↓↓アコムの増額方法↓↓↓】
アコムの利用限度額を増額する方法

 

アコムの利用限度額を増額したい人はコチラ