アコムを利用するときに気を付けるべき注意点とは?

MENU

アコムを利用するときに気を付けるべき注意点とは?

アコムを利用するときに気を付けるべき注意点とは?

消費者金融としてCMなどでも良く知られているアコムですが、利用するにあたって気を付けるべきどんなポイントがあるのでしょうか?今回はアコム利用時の注意点について見ていきます。まず、アコムの金利は安くはないという点です。これはアコムに限らず消費者金融全般に言えることですが、上限金利も下限金利も銀行カードローンと比較すると高いです。参考までに見てみるとアコムの金利は下限金利が3.0%で上限金利が18.0%です。同業者であるプロミスは下限金利が4.5%で上限金利が17.8%です。対して銀行カードローンは、例えば三菱東京UFJ銀行のバンクイックで下限金利が1.8%で上限金利が14.6%、三井住友銀行にカードローンでは下限金利が4.0%で上限金利が14.5%です。使い始めのうちに良く適用される上限金利を見てみるとかなりの開きがあることが分かります。では別の注意点も見てみましょう。それは「総量規制」というものです。総量規制とは何でしょうか?銀行には銀行法が課せられているように、消費者金融にも貸金業法が課せられています。総量規制はその中にある規制の事です。これは利用者が貸金業者(この場合はアコム)から借り入れすることのできる額の総額にかけられている規制のことです。 もう少し詳しく述べると、借入残高の総額が年収の3分の1を超えてしまう場合、それ以上の借り入れをすることができないというものです。 仮に年収が300万円だとしてアコムから借りられる額は最大でも100万円という事です(実際は最初から100万円借りることはほぼ不可能)。対する銀行カードローンでは銀行法にそうした制限が無いため、その銀行の審査で認められれば年収の3分の1を超える額を借り入れることが理論上は可能です。別の注意点としては、専業主婦は借り入れをすることができません。アコムの公式サイトの「貸付条件」を見てみると、貸付対象者の一文に「安定した収入と返済能力を有する方」と記載されており、収入が全くない専業主婦はこの対象外になってしまうので利用できないようです。

アコムを利用するときに気を付けるべき注意点とは?

アコムの「30日間金利0円サービス」利用時にも注意が必要

アコムにはとても便利な「30日間金利0円サービス」があります。これを利用したいと考えておられる方も多いことでしょう。しかし、これを利用する際にも注意が必要です。よく「借入日の翌日から金利0円」と思ってしまう方がおられるようですがこれは間違いです。正しくは「契約日の翌日から30日間金利0円」です。借りる予定のある方は「いつ契約するか」をよく考慮しておく必要があります。これもアコム利用の注意点の一つと言えるでしょう。

 

 

【↓↓アコムの公式サイト↓↓】

 

アコムの公式ページはコチラ

 

 

【↓↓↓アコムの増額方法↓↓↓】
アコムの利用限度額を増額する方法

 

アコムの利用限度額を増額したい人はコチラ